大阪で30代40代の風俗で稼ぎたい女性の為のお悩み解決求人ブログ

2016年12月03日

穏やかに接客するために

01.jpg
今回は、心を乱すことなく穏やかに接客するための方法についてお話します。

通常、風俗ではお客様と一対一で接客することになります。

なので、お客様の言葉や態度に腹が立つこともあるかもしれません。

「何でそんなこと言うの」「何でそんな態度なの」と、怒りで沸騰しそうになったりして。

でも、感情を表に出す前に、怒りをうまくコントロールできれば、お客様は「いい子だな」と思い込んで
リピーターになってくれます。


逆に心の中の気持ちをそのまま表に出してしまっては、お客様の反感を買ってしまいます。

心の声を抑えられずに表情や態度に出すと、「扱いにくいな」と思われて他の女性にお仕事を奪われてしまいます。 

では、なんでそうなってしまうのでしょうか?

腹が立ってしまうのは、『自分の方が立場が上』とお客様を見下しているのかも。

相手をコントロールしたいという気持ちがあるのかも。

『かも』と書いたのは自分の心に聞いてみてほしいからです。

どうでしょうか?

本当はお客様が悪いのかもしれません。

それでも、貴女を選んでくれたからお給料がもらえるのも事実です。 

だったら「お客様はそういうもの」と、諦めてみるのも一つの手です。

「裸になってフェラまでしたらSEXしたいと思うのは当たり前」
「高いお金を使うくらいなら外で会いたいのは当たり前」

というように男性の習性を分かってあげる。
最初からそういう気持ちで接すると腹が立ちにくくなります。

「最後までしたかったらソープ行け」
「連絡先聞いて都合よく会おうとするな」

と思うんじゃなくて、

「最後までしたいのが当たり前だよね」
「高いお金払うのもったいないもんね」

と男性の本能や気持ちに歩み寄ってあげるという感覚。

「男は子供だから」という気持ちでいいと思うんです。

「はいはい、良い子はそんなこと言わないの」と、子供を宥めてあげるような感じで、「ダメなものはダメ。ワガママ言わないの」っていう感じで接してあげてください。

大抵のお客様は分かってくれますし、もし、分かってもらえない時はスタッフに連絡すれば対応してくれます。

『お客様はそんなもの』って思うだけで、心の負担はだいぶ減りますよ。
考えなくてもいいことまで考えないのが、この仕事を上手くするコツだと思います。
posted by tsumamigui at 11:04 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: